ブログオブミー

モラトリアムとお別れ
<< 花*花 | main | もう負けた >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
報告
知ってる人が多いかと思うけど、先日内定していた企業に内定取り消しまがいの事をされて、現在就職浪人まっしぐらの僕です。

卒論もあり、将来の不安も相まって、正直ここ最近は結構まいってしまいました。
卒論も終わったことだし、元気ださなきゃー!!って思ってたんだけど、いざせっぱ詰まった状況から抜け出ると、先の事を色々考えてしまってまた不安になっちゃうもんだなぁ、と。


ところで、簡単に現在の状況をまとめてみようかと思います。
会社の名前出す訳じゃないし、別に書いちゃいけない事とかないっしょ、ってことで。

1.卒論提出直前、急に大阪に面談に呼び出される。

2.配属先についてだと思ってたら会社の財務状況についての話だった。内容は以下の通り。
 
 a.今期大幅赤字決算で最悪の場合、会社解散もあり得る。
 b.内定は取り消さないけど、会社入っても自宅待機になる可能性。
 c.手当は減る。
 d.他に安定した就職先があればそちらを勧める。
 e.職種・勤務地の自由がなくなり、研修期間もなくなる。

3.これって体のいい就職取り消しじゃない?と思って、九大の就職相談室に相談にいく。

4.専門の先生に、法律の観点から不適切な採用行為であり補償の対象になると教わる。

5.俺以外の内定者はみんなおとなしく内定辞退。

6.企業側に先生から聞いた内容を伝え、見解を求める。

7.返事が届く。内容は前の面談の内容確認と、これは内定取り消しではないという旨。


ってなかんじです。

内定取り消しではないとはいえ、この会社に行く可能性は今のところ限りなく0に近いです。

九大の先生曰く会社側のこの説明内容は、内定取り消しの責任逃れの常套手段だそうで。

100歩譲ってそうじゃないとして、この説明だと会社に入って全く仕事できないで会社つぶれても何も文句言えないことになるし。
そうなってから新たに職探しをするとなると目もあてられないので、それを恐れて他の内定者の人たちも早く次に進むために内定を辞退したと思うのだけど、この前来たメールにはこんな文面が・・


「・・・(先日の面談は)当社の努力をご理解頂けない方が内定を辞退されても、それはやむを得ない事であることを指摘したにすぎません。・・・」


なーんかこっちの認識とズレてる。
ってゆうか今の時期にこうゆうことすることの意味がわかってたら絶対こんな事書けないだろ。
俺も含め人生狂わされてるわけだから。
既卒と新卒の就職活動は、それこそ天と地ほどの差があるわけで。


・・とゆうわけで、しばらくこの会社との話し合いはつづきそうです。
こうゆうので黙って引き下がるのが大っっ嫌いな性格なんで。


就職活動とかもこれからちょこちょこ書いてこうと思います。
最終的にはこのブログを、社会の欺瞞と戦い、苦しみ、そして勝利していく男の青春ストーリーで書籍化・映画化して、印税で悠々自適ライフでも送ろうかと思います。

runner`s high / pillows
| りょういち | バトル | 02:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:58 | - | - |









http://yosete-agete.jugem.jp/trackback/7
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
プロフィール
最近のコメント
最近のトラバ
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
広告